お茶を淹れる

最近おウチ時間が増えましたね。
せっかく家族で過ごす時間が増えたのですから、是非この機会にお子様にお茶の淹れ方を教えてあげてみて下さい。

急須を使ってお茶をいれるという行為自体とても大事な時間です。「茶の湯とは、ただ湯を沸かし、茶を点てて、飲むばかりなるものとこそ知れ」。これは

お茶を淹れる

千利休の言葉です。湯を沸かし、急須に茶葉を入れ、急須から茶碗に注ぐ。ただそのことだけに、ひたすら一所懸命になる。それは目の前のことに集中し、一瞬一瞬を大事にしていこうという禅の精神に通じます。そうして心を込めて大切にいれたお茶は、明らかにおいしさが違います。

一服のお茶が、気持ちをリセットしてくれます。
是非、おウチ時間を大切に過ごしたいですね。