水色(すいしょく)で癒し

一般的に緑色は、癒しリラックス気持ちを落ち着かせるといわれています。

和食や洋食にも合う緑茶ですが、

味だけでなく、でもお茶を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

チャノキは変幻自在

チャノキ(茶の木、学名Camellia sinensis カメリアシネンシス)は、ツバキ科ツバキ属の常緑樹です。この樹の生葉を乾燥・発酵させてつくる時の発酵度合いによって緑茶紅茶ウーロン茶に変化します。どれも同じ樹から作られるのです。

緑茶の場合は、茶葉を発酵させず乾燥加工します。

完全に発酵したものが、紅茶(完全発酵茶)になり、

そこまで発酵が進んでいないものを半発酵茶と呼び、ウーロン茶がこれに該当します。

緑色が特長の緑茶は視覚的にも癒されますね。

緑茶の水色(すいしょく)

お茶を煎れた時の色を水色(すいしょく)と言います。

荒茶加工での蒸らす時間によっても水色は変わります。

 蒸らす時間が長いほど、茶葉が細かくなり緑色も濃くなります。

弊社では、浅蒸し~深蒸しまでバラエティーに富んだ荒茶を仕入れています。

 

浅蒸し(10~30秒)―――――レインフォレスト有機煎茶(金)・足柄茶 香 など

中蒸し(30~60秒)―――――受賞茶園の八女茶・受賞茶園の知覧茶 など

深蒸し(60~180秒)――――静岡県産掛川茶・静岡深蒸し茶 など

 

菱和園の製造部門でのお仕事はここからです。

弊社では、荒茶加工の段階で仕入れた茶葉に、

味や香り、茶葉の大きさを整える仕上げ加工をしています。

それぞれの茶葉の特長を生かした火入れは、職人の腕のみせどころです。

 

火入れ→冷却→ブレンド(合組)→包装

こうした作業を経て、ひとつの製品が仕上がります。

ひとつひとつ丁寧に仕上げた菱和園のお茶。

こころ癒される緑色の水色とともに、

味や香りをホットでもアイスでもお楽しみください。