スパークリング緑茶でおもてなし

まだまだ暑い日が続きますね。

このブログでスパークリング緑茶をご紹介したところ、

「今まではスパークリング緑茶はおいしくない(不味い)と思っていたけど、

水出しで入れたものはとてもおいしかった。」

「水出し緑茶を使うと色がとてもきれい。」

「焼肉などの脂っぽい食事の時にもとても合う。」

といった感想をいただきました。

鮮やかな水色(すいしょく)

そうなんです。

水出し緑茶だと水色がとてもきれいな緑になるんです。

そして旨味・甘味が凝縮され、しっかりとした

お茶の味を楽しむことができるのです。

少しずつ定着してきたスパークリング緑茶

巷でも少しずつ定着してきたスパークリング緑茶。

商品としても販売されていたりしますよね。

残暑厳しいこの季節、

是非、お気に入りの緑茶とグラスで

スパークリング緑茶を楽しんでみてはいかがでしょうか。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *  

夏の暑い日の来客やホームパーティーのとき

ノンアルコールさっぱりした飲み物

悩まれたことありませんか?

そんな時におすすめなのがスパークリング緑茶。

日本茶がお洒落なおもてなしに早変わり。

キリッとした飲み口と爽やかな緑茶の香りが夏にぴったりです。

旨味と甘味のバランスがGOOD

水出しで入れた緑茶は渋みのカフェインが抑えられ、

旨味と甘味がよくでます。さらに水色も鮮やかな緑色!

炭酸のシュワシュワ食感と緑茶の味と香りがシャンパングラスに注ぐと

さらに際立ちますよ。

 

スパークリング緑茶のつくり方

作りやすい分量

①菱和園の『やぶ北深蒸し茶』20

②水  300ml

③炭酸水 500ml

 

1.①と②をボトルに入れ2時間以上待つ

2.できた水出し緑茶と炭酸水を13の割合で割る

POINT:先に水出し緑茶を入れ、炭酸水を少しずつ注ぎます。

 

スパークリング緑茶とともに、素敵な時間をお過ごしください。