お茶の保存方法

「未開封のお茶はどうやって保存しておくのがいいですか?」

「開封してしまったんだけど、冷蔵庫に入れておいた方がいいの?」

といったお茶の保存方法についてのご質問をよくいただきます。

 

お茶はとてもデリケート

高温や湿気・直射日光等の光によって、

どんどん味や香りが落ちていってしまいます。

また、茶袋に詰める時に窒素充填をして酸化を抑えますが、

未開封でも少しずつ酸化は始まります。

酸化することで風味が劣化してしまいます。

 

おすすめの保存方法とは?

 

① 袋を開封したとき

 開封したら、すぐに茶筒に移し、あまり気温の変化が起こらない食品棚や食器棚等の奥などに保存するのがおすすめです。

茶筒がない時には、茶袋の空気をしっかり抜き、ジッパー付きの袋ビニール袋等に入れて、しっかり封をして、密封容器タッパーなどに入れておくとよいでしょう。

冷蔵庫保存はやめましょう

冷蔵庫には色々な食品が入っているので、脱臭効果もある茶葉は食品の匂いを吸収してしまうのです。また、頻繁に扉の開け閉めをするので、一定の温度や湿度を保ちにくいからです。

せっかくのお茶の風味が台無しになってしまいます。

 

② 長期保存するとき

 まとめ買いやいただきもの等すぐに開封しない時には、冷凍保存がオススメです。冷凍庫でも多少の移り香は起きてしまうので、やはり出来るだけ密封できる容器に袋ごと入れてしっかり空気を抜き、保存するのがよいでしょう。

使用する時は密封された状態のまま、まずは冷蔵庫に移し、その後ゆっくりしっかり常温に戻してから封を開けるようにしてください。しっかり解凍されていないと茶葉に結露が発生し、湿気ってしまいます。湿気ってしまったお茶は茶葉の色が茶色くなり、風味が損なわれてしまいます。

 

高温多湿のこれからの季節。茶葉にとってはとっても過酷な季節です。

少し気をつけて保存してあげてください。

そうはいっても、やはり一番美味しく召し上がっていただけるのは、

出来るだけ早く消費いただくことです。

 

お茶は鮮度が大切です。