おすすめ『ノンカフェイン』のお茶

『ノンカフェイン』とは

  原材料に元々カフェインが含まれていないもの 

カフェインの過剰摂取は良くないけれど、適量なら体に悪いものではありません。

弊社ブログでも書いてあるように、『覚醒作用により頭が冴え、集中力がアップし、眠気を覚ます効果等があります。

お茶のカフェイン量と1日の摂取目安量-食品のカフェイン比較

しかし、体質や疾病等の影響で、少量のカフェインでも反応してしまう方もいらっしゃると思います。

そこで、今回はおすすめのノンカフェインのお茶をご紹介します。

 

『塩麦茶ティーバッグ』

まだまだ冬真っ盛りですが、暑くなってくると飲みたくなるのが麦茶。その麦茶を塩麦茶に変えて塩分も一緒に摂って、熱中症・熱射病対策にいかがですか。ほんのり塩味になっていますので、飲みやすくなっています。

 国産麦と国産塩を使用しています。

塩は、佐賀県加唐島(かからしま)産『一の塩』を使用しています。

一の塩は、対馬海流水を取水から仕上げまで外気に触れず、環境汚染に対応し、低温仕上げで細菌を100%カットし、カルシウム・マグネシウム・カリウムが含まれた塩です。

加工方法にもこだわっています。

まず、国産麦を焙煎し、塩を溶かした塩水を麦に噴霧します。その後、乾燥させた麦を粉砕し、袋詰めします。

塩麦茶は、港湾で働く方々が暑い夏に麦茶に塩を入れて飲んでいた、いう話を聞き、開発されたそうです。

 

『健康はと麦茶』

 はと麦は、穀類中でも栄養価の高いイネ科の植物です。体によいビタミン・鉄分・食物繊維が豊富に含まれています。

その他、精白麦、胚芽玄米、どくだみ、はぶ草、杜仲茶、柿の葉、くまささ、くこ葉、びわの葉、甘草を厳選し、素材を効果的に調合ブレンドしています。

オンラインショップでも人気の商品です。

 

『イオンボディ 黒豆茶ティーバッグ』

『イオンボディ はとむぎ茶ティーバッグ』

『イオンボディ 17種ブレンド茶ティーバッグ』

 

こちらの3種類は、イオンボディさまとの共同開発商品です。

イオンボディさまの各店舗やオンラインショップで購入できます。

パッと目に入る可愛らしいパッケージは、手書き風の統一感のあるイラストで、プレゼントにもぴったりです。

また、100%国産原料にこだわり、全ての商品がノンカフェインとなっています。

ホットでもアイスでも、お楽しみいただけます。

黒豆茶は、ふっくらとした黒豆の味わいが口の中に広がります。はとむぎ茶は、香ばしい香りと柔らかな味わいが特徴です。17種ブレンド茶は、大麦、炒り米、大豆、どくだみ、はとむぎ等々をバランスよくブレンドされた飲みやすい味です。

 キレイはうれしい!ゲンキはたのしい!イオンボディオリジナル黒豆茶ティーバッグ

 イオンボディ はとむぎ茶・17種ブレンド茶 100%国産原料で新発売です

 

『ルイボスティー』

 南アフリカ共和国のケープタウン北に広がるセダルバーグ山脈のごく限られたエリアだけに自生するマメ科の植物で作られるお茶です。朝晩の気温差が30度以上の高地で、乾燥した気候を好むため、他では栽培することが出来ません。

 ノンカフェインで、低タンニンなので、どなたでも安心して飲むことが出来ます。

  赤い水色(すいしょく)で、ほんのり甘みがあって飲みやすい味です。

 

 菱和園では、ノンカフェイン茶も取り扱っていますので、その日の気分や体調に合わせてお選びください。