自宅でおいしいお茶を飲むには

 

自宅でおいしいお茶を飲むには

自宅でおいしいお茶を飲むには

友人の家でお茶を入れていただいた時、「あれ?このお茶おいしい」
感じたことありませんか?

  • お茶がいいのか
  • お水がいいのか
  • 器がいいのか
  • お茶を入れるテクニックがあるのか


おいしいお茶には色んな要素があります。
ここでは、自宅でおいしいお茶を飲むことができるテクニックをお伝えいたします。

とてもシンプルな誰にでもれきるお茶の入れ方です。

お茶は入れ方でおいしくなる

お茶の入れ方で検索をすると、おおよそどこのサイトでもでてくる方法です。
あらためて、お茶の入れ方について説明いたします。

 

お湯を沸騰させる

お湯を沸かしますが、お湯じゃ十分に沸騰させてください。
沸騰させる方法はやかんでも電気ケトルでもかまいません。

 

お湯の温度を調整する

お湯の温度は一般的に煎茶なおは80℃や60℃と言われています。
温度計がない限り正確な温度は測りづらいので、思うより熱めのお湯と考えてください。

このお湯でお茶を入れるのではなく、お茶を飲むお茶碗をあたためます、おおよそ8分目ほどお湯を入手お茶碗をあたためましょう。

 

煎茶の用意

お茶碗のお湯は少しずつ冷めてきますので、その間に茶を急須へ
急須のお茶葉の量はひとり当たりティースプーン1杯(おおよそ3g)で人数分入れます。

 

急須にお湯を入れる

冷めてきたお茶碗のお湯が適温になったらから急須へ

お湯を入れたらすぐお茶碗に戻すのではなく、香りを保つだめ急須の蓋をしめて1分少々待ちましょう。

おいしいお茶を飲む

 

おいしいお茶を飲む

急須からそのままお茶をお茶碗に入れて飲んでもいいのですが、大勢の人がいるのでしたらポットを別に用意してそこから皆さんへお茶でおもてなしをしましょう。

おいしいお茶は会話もはずみ商談もすすむ

おいしいお茶は香りと味を楽しみます。
熱すぎず、冷めたすぎず。
温度の適温は経験になってしまいますが、会話の時間も考えて少し暖かめのお茶を出してみましょう。

商談の場合、相手によってはもてなされたお茶にまず口をつけるかたもいらっしゃいますのでこの場合は少し飲みやい温度がいいかもですね。

おいしいお茶、お茶ひとつで会話や商談もはずみます。
飲み物ひとつで場の雰囲気も変わるのです。

おいしいお茶は会話もはずみ商談もすすむ

おいしいお茶をご自宅で

今回お届けした「自宅でおいしいお茶を飲むには」
お茶の入れ方の基本をお伝えしたしました。


この基本はあくまでも基本。

まずは試していただき、あなた流のお茶の入れ方があるのならぜひ教えてくださいね。

お茶葉の選び方やお茶の保存方法についてもまた他でお伝えしてまいります。