朝茶(あさちゃ)を始めてみませんか〜朝茶を使ったことわざや効能

朝茶とは、朝に飲むお茶、また朝にお茶を飲む習慣のことを言います。


お茶を使ったことわざ


朝茶に別れるな

朝いただくお茶は、その日一日の災いから守ってくれると言われていることから「忘れずに朝一杯のお茶を飲みなさい」という意味です。

朝茶は七里帰っても飲め

朝のお茶は災難よけになるので、飲むのを忘れて旅に出てしまったら、たとえ七里の道を帰ってでも必ず飲みなさい。という意味です。

朝茶は福が増す

朝、お茶を飲めば、その日一日のさまざまな災難を逃れることができ、福も増す。という意味です。

ことわざにもあるように、昔から朝茶は災いから逃れ縁起のよいものとされてきました。

だから、昔から朝茶の習慣は親しまれてきたんですね。
確かに、昭和のアニメでは、食卓での朝茶の風景、よく目にしましたよね。私の祖父や父も毎朝、新聞を読みながらの朝茶、習慣でした。
菱和園では、社長が淹れた一杯のお茶をのんでから営業マンは出かけて行きます。一日の交通安全と営業活動の成果を祈って丁寧にいれたお茶、親心です。

朝茶の効能


昔は縁起が良いものとして好まれてきた朝茶の習慣ですが、今では緑茶の効能は科学的にも認められ、朝茶にもその効能は生かされています。

例えば、緑茶に含まれるカフェイン覚醒作用です。朝茶は、眠気を覚まし頭もスッキリさせてくれます。一般的に緑茶に含まれるカフェイン量は、コーヒーの3分の1程度ですので、目覚めのコーヒーは刺激が強くて…という方にもおすすめです。

ふたつ目は、近年注目されている緑茶のカテキン効果です。
カテキンには、抗酸化作用抗ウイルス作用免疫力アップ血糖値上昇の抑制口臭予防など、さまざまな効果が期待できるとされています。

また、きれいな緑の水色(すいしょく)は、視覚からも癒しリラックス効果を与えてくれます。温かいお茶は、ゆっくりとからだ全体を温め、やさしくからだを目覚めさせてくれます。

 

朝茶でくつろぎ時間


朝は何かと忙しく、どうしてもバタバタしてしまいますよね。でも、ほんの少し早起きをして、自分のため、家族のため、大切な人のために、丁寧に一杯のお茶を淹れて、ゆっくりと味わう。
ほんの少しのくつろぎ時間を作ることで、今日も一日がんばろう。と思えたら…

朝茶で一日のスイッチを入れてみませんか?

 

朝茶におすすめの商品



菱和園からのおすすめの朝茶は『やぶきた煎茶 金』です。とろみと甘みが強く、きれいな緑色の水色(すいしょく)が特徴です。あたまもからだもシャキッと目覚めることができます。

すっきりとした味わいがお好みなら、『レインフォレスト有機煎茶 金』がおすすめです。

 ティーポット&煎茶セットも販売開始しました。すてきなティーポットを使って朝茶を始めてみませんか。